宮里美香 / Mika Miyazato


ニチコン

1989年10月10日

160cm

沖縄県那覇市

興南高等学校

8歳

父親に練習場に連れて行ってもらったことがきっかけで始める

240ヤード

優勝

BIOGRAPHY

ロ転向直後からアメリカツアーでしのぎを削り、現在日本ツアーで活躍中の、沖縄出身の日本の女子プロゴルファー。
父親に練習場に連れて行ってもらったのをきっかけに、8歳からゴルフを始める。

2003年日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ツアー「ダイキンオーキッドレディースゴルフトーナメント」のアマチュア選手権大会で優勝。これにより同大会の本戦出場権を得て、アマチュアとしてJLPGAツアー初出場を果たす。
2004年、6月の「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」で大会史上最年少となる14歳260日の若さで優勝。2005年から2008年まではJGAナショナルチーム入り。この間、「ネイバーズトロフィー韓国・日本・台湾チーム選手権」で優秀な成績を残し2007年には個人団体共に優勝。また2006年ドーハで開催された「アジア競技大会」(ゴルフ競技)において、日本代表として出場し、個人団体共に銀メダルを獲得した。
同期間のナショナルチーム以外の成績としては、「日本ジュニアゴルフ選手権競技」(女子15歳~17歳の部)を2006年と2007年に連覇した他、複数のJLPGAツアーでローアマチュアを獲得。
2008年に興南高校を卒業後、日本ツアーを経ず、直接世界最高峰の舞台であるLPGAに挑戦するため、IMGアカデミーでゴルフの特訓と、英語学習に励む。同年末のLPGAファイナルQTに、ミシェル・ウィー、シン・ジエという顔ぶれの中一発合格し、翌年2009年からLPGAでのプロツアーデビューを果たす。
2010年、JLPGAツアー公式戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」にスポット参戦し、プロ初優勝を果たす。2012年8月、USLPGAツアー「セーフウェイクラシック」で同ツアー初優勝。同年はその後「全英リコー女子オープン」4位や「日本女子オープンゴルフ選手権競技」4位等、また10月15日の女子世界ゴルフランキングで自身最高位となる8位となる。また同じ年の年間獲得賞金ランキングでも自己最高位となる11位に入った。
2013年、JLPGAツアー公式戦「日本女子オープンゴルフ選手権競技」で同ツアー2勝目。
2019年、TP単年登録選手としてJLPGAツアーを主戦場とする。最終的に賞金ランク34位となり自身初のJLPGAツアーシード入りを果たす。
またこの「2019年シード獲得」の資格により2019年12月1日付でJLPGA入会を果たしJLPGA91期生となる。
2020年はコロナ禍で実施されたツアーの14試合のうち12試合に出場し、惜しくも最終戦の出場は逃すが、統一シーズンである2021年に向けての弾みをつけた。2013年以来の日本ツアー3勝目、自身通算4勝目とその先を目指して、今年もNever Give Upの精神で一大会一大会に挑んでいく。